読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞑想の方法~真実の瞑想とは?瞑想体験をもとに~

本当の瞑想の方法って?????

瞑想を極める!~その①調べた方法で初めての瞑想~

googleや一流会社でも瞑想が取り入れられていますね。

雑誌やテレビでも、当たり前のようにヨガや瞑想が取り入れられていますが、

色々な方法があって、どれが正しい方法なのか分からなくなってしまいます。

PC画面を眺めながら残業に追われ、上司に怒られへとへとの男性。

家事や子供、旦那に振り回されてへとへとの女性。

 

疲れている中、1から10まで方法を調べてられない!!!!

いざ調べたら同じ名前でも方法が色々あるし、よくわからないし結局瞑想やをやる前に辞めてしまった。

そんな方も多いと思います。

 

そこで!代わりに色々な瞑想の方法を試してみました!!

*色々な問題がありそうなので、詳しい瞑想の名前や方法は省かせて頂きます。。。

 

****瞑想メニュー****

①瞑想の前の準備をする

 掃除、洗濯、気になるところの掃除を全て綺麗にする。綺麗にしたら、瞑想に行き着く前に疲れ、瞑想どころじゃなくなりました。方法云々まで行き着かず。本末転倒!

 

梵字を思い浮かべる瞑想の方法

 梵字?ぱっと思いつかず。その中でも何の文字を思い浮かべるのだろう。疑問が残った。果たして、これは瞑想なんだろうか????

 

③自分の内側を見つめる瞑想の方法

 座禅組んで、瞑想して自分を見つめた。見つめたけど。。。晩御飯の事と明日の仕事のことしか出てこない。あしたのプレゼンの不安が出てくる。しょうがない。って思うといいらしいんだけど...。仕事の解決方法とか、心の持ち様とかわからないので不安が残った。瞑想したのに、疲れた。。。。方法は合っているのに瞑想した気持ちにならなかった。残念。。

*****************

こんなんじゃいかん!!瞑想の方法を調べたりないんだと思い、さらに瞑想で検索!!

札幌の人らしいんだけど、面白い記事発見。☞こちら

 

 

最初の数行、私が思っていた③の理由が書いてあってびっくりした!

本当はすぐに瞑想に入るのは禁止されているみたい。

だから私は失敗してしまったのだなぁー。

巷の方法じゃなくて、本場の瞑想を知りたい!!

 

その②に続きます~

 

memo

瞑想とは、心を落ち着かせ、神に祈り、何かに集中し、心を落ち着かせ、無関心になり、目を閉じ、思考を深く受け入れる方法です。この指定は、肉体の沈黙を取り戻すために、比較的日常的なことから、絶対的な人(神)を物語として経験する、究極の知恵を得ることのようなものまで幅広い範囲で使用されています。
精神科医道場安藤は、現代的視点から瞑想研究を紹介する「瞑想精神医学」であり、「より高度な意識状態やより健康に進んだ状態を導き出す精神的プロセスを引き出す」という意識的な訓練です。近代ではリラクゼーションと定義されたり、ある種の心理的治療のために行われることもあります[1]。 「普通の健康状態よりも普通の状態が優れている」という価値観の設定は、現状では現在受け入れられている科学的世界観から突出しており、そのような価値の割り当てを避けて、「堕落意識状態」と呼ばれているそれを[1]のように配置します。

概要
瞑想方法は、ある被験者に集中して集中させる方法と、その被験者を瞑想することなく心の中に現れる現象を観察する方法とに分けることができる。前者の方法の目的は、
「神」のような神聖な存在のイメージは、
特定の文字のイメージ
紙に書かれた円の凝視
呼吸に合わせて数を数えるには
マントラやネンブツなどの短い音節を繰り返します。
腹部および鼻腔の呼吸への変化を感知する
等々。両方の方法において、その目的は、心が現実世界を保持する方法を変えることであり、集中力が養われるにつれて心の変化が起こると言われています。
集中力や気分の改善などの日常的な事柄から、瞑想、物体認識、知恵の表現、啓蒙/解放の広がりさえも除いて、到達できない深い自己洞察からの瞑想の具体的な有用性として。宗教、宗派、または瞑想道場に応じて、瞑想のテーマとテクニックが異なります。
仏教の瞑想法では、人間の心が多層構造をとっていることに基づいて深い意識レベルに到達することを目指す方法が組み合わされることもある。例えば、大乗仏教における仏教哲学/仏教心理学では、意識はオシャレに分類され、その中には、SuenanaseとAzayaと呼ばれる層があり、仏教の瞑想法はそこに到達する方法であると言われている。現代の西洋心理学における深い心理学として知られるようになったのは、Suenani、Azayaであると言われています。一方、仏教師団では、瞑想訓練の進展に伴い、心の変化が9段階(一般的な認識である欲望を超えて登場する最初の天頂から9番目のザッピングまで)で組織化され、最初のItブッダが禅の瞑想に集中して説教している瞑想を練習することによって、離脱が可能であると言われています。
ヒンドゥー教の瞑想方法は、神や神との共同体験を目的とした瞑想によって支配されています。仏教ヒンズー教の瞑想法の究極の目標は、一般に再活性化からの解離ですが、宗教/宗教を区別する理由の1つは、啓蒙と開業の認識の違いです。
安藤の瞑想は、治療とも呼ばれますが、臨床的疾患の治療を目的とした心理療法ではなく、自己超越、高意識の発達、発達を促進する方法の1つです。成長を促進する[1]。臨床的意味に瞑想効果を適用することは有意義であり、決してクリニックの主な治療手段ではないが、心理療法の補助手段としての可能性は大きい[1]。

インド起源の瞑想
インドでは、紀元前25世紀に繁栄したインダス文明の口から、黙想を瞑想する人の印鑑がモヒンジャロダロから発見され、古代から瞑想が行われているようです。

瞑想するシヴァの巨大な像(バンガロール
Patanjaliは、2〜3世紀頃の新學校の理論に基づいて瞑想の技法を体系化し、その技術を継承するグループが形成された(「ヨガ・スートラ」「魂の科学」解説ヨガ・スートラ)。瞑想は「ヨガ」と呼ばれ、後のグループはヨガの学校と呼ばれ、意識を一点に集中させることによって瞑想の対象と一体化し、究極の知恵となっています。サンパイ(サンマイ、ザンマイ、Samata、Samadhi)。
仏教の創始者(「理解者」の意味)と見なされる仏は、究極の知恵を得たが、インドの瞑想技法(またはヨガ)によって得られたものであり、より安全かつ体系的に瞑想法を開発した(「原始仏教の聖書」を参照)。したがって、仏教徒の派閥の中には、依然としてヨガの瞑想の技術を継承する学校もいくつかあり、一部のフェローはさらに発展しています。 (詳細はユヤ、門久雄、真言宗天台宗、天台の疑い、禅、仏教の占いなどを参照)
大乗仏教の派閥や他の宗教では、多くの場合、団結の究極の目的は団結の感覚と見なされるのに対し、上の仏教の占いでは、最終的な目的として些細なことを終わらせることに没頭することは不可能である高濃度で、今見て知恵(啓発のポイント)を目指しています。仏教心理学では、内面的な経験によって第1〜第9天頂からのトリックによって得られた景観を体系化しながら、ヴィパッサナ瞑想によって得られた周辺(啓蒙)は、これらのゾーニングとは異なる仏教とは異なる経験その他の宗教は瞑想に基づいている[要出典]。
キリスト教と瞑想
キリスト教の伝統では、特に僧侶の修道士の日課において、瞑想のために時間を設けることがよくあります。信者にとって、世俗的な生活を離れて、神に祈りを止めることなく仲直りする修道士たちも、理想、憧れの姿です。日本のカトリック教会では、修道院などの本には何もない場所で神に対する宗教を祈るために、「精神的な体操」のような精神的な操作が考案されています。
オリエンタル教会には、「祈り(英語版)(サイレンス主義)」と呼ばれる「主の祈り」を主張しながら、深い瞑想のポイントに入る方法があります。 (「祈り、イエスの祈り」も見てください)
正書法(Sufism)
Sufiには、イスラム神秘主義の哲学と呼吸瞑想、5つの要素(地面、水、火、風、オーラ)による浄化、自然の瞑想 - 不均一に体験する神、瞑想などが存在する。 。周りに立って瞑想を戦うことは、よく知られているSufiの瞑想法である[4]。 Sufiで目を覚ますことは、聖なる神の意識に目覚め、神の目を通してすべての現象を見て、神の心で生きることです。
神道
神道には瞑想の言葉は使われていませんが、瞑想に相当する行方法があります。これは「魂を落ち着かせる」というものです。実際の状態は学校によって異なります。